Blog RSS

Misha Janette × Souen @ Bunka Fashion College




I made a visit to the most famous fashion school in Japan.
Ms Mishia Janette, one of Japan's top class blogger teamed up with Ms Tanaka, editor of "Souen" magazine for a live talk show at "Bunka Fashion College (Bunka fukusou gakuin)" which they both graduated from.

 

先日、日本で最も有名なファッションの学校に行ってきました。
日本のトップブロガー「Misha Janette」さんと、日本のファッション雑誌「装苑」編集者の「田中」さんによるトークショーを見るためです。

 

 

Misha's story about coming to Japan to study to becoming a top class blogger was just mind blowing and I was completely drawn into her.
Let me share some of their stories because I'm sure you'd all enjoy it too!

「日本に留学してから、ファッション業界のトップブロガーになるまでの話」で、
時間を忘れて楽しむことができました。
とても勉強になる話だったので、トークショーの内容も交えながら、彼女を紹介します。

 

Misha Janette, born&raised in the U.S

Attends Bunka fukushoku gakuin in 2004 , she quoted as her reason
"theres more opportunity as an American fashionista in Tokyo as opposed to an American fashionista in NYC"
"And, theres more room for fashion freedom in Japan to free one's mind!"

Mishaさんはアメリカ生まれ、アメリカ育ち。
2004年にNYから来日し、日本で一番有名なファッションの専門学校「文化服装学院」に入学。
理由は、
「ファッションに対して自由な考えを持つ国の方が、自分の自由な考えを発信できる!」
「NYにいるアメリカ人のファッショニスタよりも、東京にいるアメリカ人のファッショニスタの方が目立つ!」
カッコイイネ!

 

 

Misha's enthusiasm helped her with her studies and opened doors to her career at the same time.
Amazing to hear that she worked as a stylist while attending Bunka!

そして、日本に来てからがすごい。

学校で学びながら、スタイリストとしても、仕事をしたんですね。
意欲的な学生ですよね~。

 

 

Worked for Japan Times as a journalist but then thought,

その後、ジャパンタイムズに入社し、ジャーナリストとして活躍。

しかし、彼女は途中でこう思った。

 

 

 

"Tokyo collection shows are so dull with all those businessmen seated at the front row, I'm going to lighten things up!!”

 「東京コレクションは、ビジネスマンばかりがランウェイの最前列に座っていて地味。私がショーを華やかに飾るわ!!」

 

 

Career started to take off from there, becoming a top blogger, MC for TV shows and started her own wig brand, "Plum".
how talented is she?!
She is now who she wanted to become!

という事で(本当は他にも理由はあるでしょうが)、今では、

ジャーナリスト、トップブロガー、スタイリスト、TV パーソナリティ、オリジナルウィッグブランド"プラム"のデザイナー等、
幅広い活躍をするスーパービジネスウーマンになりました。
ひゃーすごい。

from Kejld @ Japanesestreets.com

 

Yes, fashion shows should always be full of fashion lovers and only those who adore fashion.
The reality is that Japan is not as open to bloggers as we hope and bloggers dont quite make enough living just by blogging about fashion.
But I'm hopeful that things here will change with talented people like her.

私もビジネスマンではなく彼女のような発進力のあるファッションラバーがランウェイに招待されるべきだと思う。
ただ日本は、海外と違い、ブロガーの地位は低いのが現実。
彼女の力で日本でもファッションブロガーの地位が見直される事を願います。

 

 

Speaking of runaways, She does styling for Nicki Minaj.

ランウェイといえば、彼女はNicki Minajのスタイリングも行ってます。

 

from Misha @ tokyofashiondiaries.com
参考記事↓
http://www.tokyofashiondiaries.com/great-nicki-minaj-usjapan-pompom-incident/
http://www.tokyofashiondiaries.com/nicki-minaj-wears-harajuku-at-nyfw/

 

 

Interesting contrast with Ms Anna Winter from Vogue.
The outfite is designed by "Dog", a very famous store amongst Japanese underground fashion.

隣に座っている「Vogue」の「Anna Wintour/アナ・ウィンター」とのコントラストが面白い。
そしてこの衣装は、日本のアングラ界では有名な個性派ショップ「Dog」によるデザイン。

 

 

There's so many reason for Misha's success as a top blogger in Japan.
Her obbsession for fashion, for sure.

Mishaさんが日本で成功した理由はいっぱいあると思う。

異常なまでのファッション愛とかね。

 

 

But most of all, after hearing her story I now know that its her energy to take actions for everything she believes in.
I have to share this funny story. One day when she was still anonymous and inexperienced, she made a call out to a fashion brand.

けど、一番は、あの行動力やパワフルさだと思う。
彼女がまだキャリアのなかった頃の面白い話を聞きました。
彼女は、とあるファッションブランドに1本の電話をしたの。

 

 

Misha: " I'd like to borrow your clothing"
Brand A: "Sure, is this for a shoot?What is the purpose?"
Misha: "Um, I just simply want to wear it"
Brand A ".....?"

Misha  :「あなたのブランドの洋服を貸して欲しい」
ブランド側:「はい。撮影ですか?どこの雑誌ですか?」
Misha  :「あ・・普段、私が着たいので」
ブランド側:「・・・?!」

 

 

She managed to convince the Brand for a free lease!
She wearing the outfit she borrowed was fashion snapped and made the cover of "Souen".
How crazy is that?
The cover made her instantly famous and had many brands calling her asking her to wear their clothing!

この後、彼女の情熱は伝わり、ブランドはお洋服を無料でリースww
そして、その服をきたミーシャが街でファッションスナップされ、なんと雑誌「装苑」に掲載!!
それから、彼女の元には「うちの服を着て」とブランドから連絡がくるようになったとのこと。
すごいwww

 

 

 

This was the beginning of Misha the, top class fashion blogger in Japan.

このような経験をへて、Mishaさんは、ついに日本のトップブロガーになりました。

 

 

 

May 2013, the Italian leather company "FURLA" put together world art project "Candy Cool" and Misha was chosen as Japan's top class fashion blogger for the event!

2013年5月、イタリアのレザーグッズ老舗メゾンブランド"FURLA"による世界的アートプロジェクト「#CANDYCOOL」の日本代表として、ミーシャはトップブロガーに選ばれました。

 


We all support her.
An important fashion blogger who blogs about Japanese fashion to the world and thats rare!
Japanese brands tend to focus its market domestically and forget that theres more oppurtunity Her knowledge and her thorough studies reach all the way to indies labels and she blogs them in English delivering the world with LIVE Japanese fashion.

私達は彼女を応援してます。
日本のファッションを海外に発信している人は貴重だから。
日本には素晴らしい(面白い)ブランドがたくさんあるのに、あまり世界には強くアピールされていません。
その中で、彼女のような、日本のファッションに詳しく(インディーズブランドから人気ブランドまで、すごい知識量)、英語で発信できる人はとっっても重要な存在。

 

 

I set up Lorina Liddel because I wanted more people to recognize it as Couture Fashion as opposed to Costume. Its a form of fashion styling that is mature enough to be worn by women with a sense of style.
Lorina and Misha , we both support the idea to deliver and expose Japanese brands to the world and I hope my readers here will help support me, because I'll be sharing more and more new brands with you all.

実はLorina Liddellの大きなコンセプトはそれと同じ。
クチュールファッション(コスプレとは一線を隠す、上質で大人も着れるゴスロリファッション)を世界にもっと知って欲しくてオープンしたのです。
まだ海外では知られていない素晴らしいブランドさんがたくさんある。
これからブランド数もどんどん増やして紹介して行くから応援してね。

 

 


Hopefully with influential people like her, Tokyo Collection will attract more international media's.

彼女のようなワールドワイドに影響力のある人間のおかげで、東京コレクションにもっと世界中のメディアがくるようになってくれたら嬉しい。

 

 

If you're reading this and are interested to study fashion, St Martin's in England is great but I'd recommend Bunka Fukusou Gakuin as well, worth considering. We'll both support you! 

これを読んでいるあなたがもしこれからファッションを学ぼうとしているなら、イギリスのセントマーチンも良いけど、文化服装学院で学ぶのもアリだと思う。
その際には、私たちも応援します。

 

 

I meat her at Laforet Harajuku, she said she came to Japan to study in this February. 

あっちなみに彼女は、ラフォーレで出会った女の子。
今年の2月に日本に留学してきたんですって。

 

Please enjoy this link to see her styling.
Very different taste to Lorina Liddell but its still so great to just watch.
Has wonderful talent to combine edgy Japanese labels together when you'd think the whole styling would be chaotic. Definitely, one of a kind!

最後に。
彼女のスタイリングなどは、こちらから見れるよ。
Lorina Liddellとは趣向が全然ちがうけど、とても楽しい。
日本のエッジが効いたブランドを組み合わせる力がすごい。
ブランドの個性が戦いあってグチャグチャになってしまいそうな所を、うまく調和させている。
こんな芸当、他に見た事無い。

 

 

Matane!

それでは、またね~\(^o^)/

 

 

■Misha Janette [ミーシャ・ジャネット]
BLOG : Tokyo Fashion Diaries
Facebook : Misha Janette
Twitter : @Fashion Tubuyaki
Instagram : @mishajanette

■Souen [装苑]
https://www.facebook.com/fashionjp.soen
http://fashionjp.net/soen/

■Bunka Fashion College [文化服装学院]
http://www.bunka-fc.ac.jp/index.html
https://www.facebook.com/bunkafashioncollege

 

 

Lorina Liddell August 03, 2013 0 tags (show)
Leave a comment
top
Please select a wishlist category
[powr-popup id=13cd0cd5_1480579557]